英語の発音上達にはどれくらいの時間が掛かるのか

英語の発音矯正に興味を持たれる方は多いですが、一体どの程度の練習量を積めば上手になるのでしょうか?日本語と英語の発音法は真逆と言っても過言ではないため、かなりの時間がかかりそうな気もしますが…。実は、英語の発音矯正に関しては、まさに「十人十色」としか言いようがありません。

少しの練習でネイティブに近い発音を身に付ける方もおられれば、かなり練習してもなかなか上手くいかない人もおられるのです。したがって発音矯正の必要な時間に関しては、「人によって大きく異なる」と考えておきましょう。

全く答えになっていないような気もしますが、「十人十色」の言葉以外に思いつかないのです。むしろ、「短期間で発音マスター!」などの宣伝を見かければ、よほど優れた練習法を提供していない限り、「何となく怪しい…」と思ってしまいそうです。ただし、1つだけアドバイスできる点があります。

日本人が英語の発音矯正を学ぶ場合、多くは日本人講師によるレッスンだと思います。自然に話せるネイティブではなく、「日本人として英語を話す難しさ」を知っている日本人講師の方が、発音矯正のレッスン人は向いているためです。

この時、日本人と日本人による英語のレッスンになるため、「恥ずかしい…」と思われる方も多いんですね。しかし、何も「ままごと」をやっているのではなく、それは本格的なレッスンなのです。本気で自分の発音をネイティブに近づけたいのなら、そんな恥ずかしさは捨てておきましょう。レッスン料を支払った分だけ、存分に取り戻す覚悟で臨んでおきましょう。