音声付きの電子辞書で発音を学ぼう

「英語の正しい発音を学びたいのですが…」と思われる方も多いでしょう。すでに英語を話せる人間からすれば、「正しい発音って何?」と、疑問に感じるかもしれませんね。アメリカ英語が正しい発音なのか、あるいはイギリス英語が正しいのか、また、「日本語的な発音の英語は正しくないのか?」と言われれば、「通じていればどれも正しい発音」と言えるのです。

小さなお子さんに英会話を習わせるお母さんも多いですが、「うちの子供には正しい発音を!」という要望が多いらしいのです。まさに「私は英語が出来ません。というより、見栄を張りたいのです」と言っている証拠でしょう。キッズ英会話の先生やスタッフも、そんなお母さんを裏で笑っているのです。

とは言っても、出来れば日本人的な発音ではなく、いわゆる白人の英語ネイティブのような発音を身に付けたい気持ちは理解できます。「問題なく通じればどの英語も正しい」は間違いないのですが、「アメリカ英語が世界共通用語だから」や「カッコイイから」という理屈にも一定の理解は出来ます。

では、どうすれば「キレイな発音」を身に付けることが出来るのでしょうか?学習者の中には、「発音記号を勉強して、辞書に載っている記号から正しい発音を推測、実践する」という方もおられるのです。しかし、そのような理論的な勉強よりも、「体で覚える」の方が手っ取り早いですね。

そこで、「音声付きの電子辞書」を購入して下さい。これが正しい発音を身に付けるに一番早い方法なのです。今では2万円程度で売っていますし、音声が出るなら古いモデルの物や中古でも構いません。そちらの方が安いと思いますので。

そして、英語の勉強時に分からない単語があれば、それを電子辞書で検索し、ついでに発音も聞いてその場で数回ほど口に出して発音練習をしてみましょう。「発音記号」や「Rの発音の方法」など、細かい方法論は気にしなくても構いません。

そもそも英語ネイティブは、発音記号も方法論も知らずに自然と言えるようになってきたのです。つまり、理屈抜きで繰り返し「聞く・言う」を行うことで、勝手に身について行くという図式ですね。

また、英語のテレビや映画などを観て、「何を言っているかは分からないが、とにかくリピートしてみる」という方法も良いですよ。発音練習の目的は「発音を体に叩き込むこと」ですので、その単語や文章の意味が分からなくても構いません。

「とにかく、聞いたことをそのまま真似して口に出す」が、それほどお金もかけずに練習できる最も良い方法なのです。専門の英語発音トレーニングもありますが、お金に余裕があれば入会・購入しても良いでしょう。しかし、「お金はかけたくない!」というのであれば、ぜひこの方法で徐々に発音矯正をしてはいかがですか?