「独り言」で英語の発音練習しよう

英会話を練習している人の中には、「頭の中では英文が出来ているのに、それがスムーズに言葉として口から出ていかない」という方も多いのではないでしょうか?「これが言いたいのに、口が回らない…」という状況ですね。

頭の中で英文が出来上がっているということは、着実に英語力は上がっている証拠です。勉強を始めたころは「考えても頭の中がカラッポ…」というケースがほとんどでしょうから。

しかし英会話は、口から音として出てきてこそ「完成形」となるのです。頭の中で完璧な英文が出来上がっていたとしても、言葉として発されないのであれば意味がありません。さて、このような状況に悩む方も多いと思いますが、その原因は「唇と舌が英語を話すようにカスタムしきれていない」という点にあります。

日本語と英語の発音は大きく違います。つまり、「英語を話すための専用の唇と舌の動かし方」をマスターしなければ、スムーズに英語が口から飛び出してこないのです。では、具体的にはどうやって練習すれば良いのでしょうか?色んな方法があると思いますが、「独り言を言う」はいかがでしょうか?

第三者から見れば「ちょっと危ない…」と思われるかもしれませんが、実は「独り言」がスムーズに英語を音として発するための効果的な方法なのです。むしろ、数ある練習法の中でも「最も効果がある」と言って大きな違いはないと言えるでしょう。

ではなぜ、「独り言」が有効な方法なのでしょうか?そもそも、目的が「スムーズに英語を音として発する」なのです。「英会話能力の上達」ではないと考えて下さい。つまり、新しい単語や文法を身に付ける必要はなく、「唇と舌の動かし方を覚える」が最重要課題なのです。

スラスラと英語が出てくるような唇と舌にカスタムすることが重要なんですね。ということは、簡単に言えば「たくさん言う」が最も効果的な練習なのです。同じ単語を何回も発音すれば、当然ですがその単語の音がスムーズに口から出てくることになります。だからこそ「独り言」なのです。何回も発音練習するだけであれば相手は必要ありません。

一人でブツブツと何回も発音すれば良いのです。しかもタダなんですね。なお、この練習を行う前には、必ず電子辞書の音声機能で正しい発音を聞いておきましょう。独り言で何回も練習するのは良いですが、間違った発音や通じにくい発音のまま覚えるのは危険ですからね。

また、10回ほど発音すれば、その時点でもう一度音声機能を使って正しい発音を確認した方が良いでしょう。こうしておけば、そのうちにその単語の発音が唇や舌に引っかかることなく、スムーズに「音」として発せられるようになるでしょう。