ラクラク英語マスター法の口コミと評価【写真・限定特典付き】

ラクラク英語マスター法
ここに写真挿入
【価格】
19800円
【商品ジャンル】
英会話、TOEIC
【サポート/返金/特典】
サポート:-/返金:○/特典:○/
コメント
口コミ・評価
★★★★★★★☆☆☆(7/10P)

ラクラク英語マスター法の概要と口コミ・評価

結構、流行っているみたいなのでラクラク英語マスター法を購入してみました。全170ページのテキストと音声CD7枚がセットになって届きました。どちらも想像していた以上に分厚かったのでやり応えがありそうです。ちゃんと数えていないのであまり覚えていませんが、CDは大体1枚1枚1時間くらいかなと思います。コチラも結構なボリュームになっています。ipodなどに落とせば、通勤・通学中に聞き流しながら学習できるので、この辺はかなりポイントが高いです。

ラクラク英語マスター法はテキストメインで学習を進めていきます。テキストの内容に沿って作られた付属の音声CDを使って同時にリスニング力も強化していきます。写真では見づらいかもしれませんが、日本語の後に英訳された文章が記載されているのがわかると思います。このようなスタイルで最初から最後まで一貫しています。演習問題のような部分に限らずに、英語の概念や基本を説明するような箇所でも、ほぼ全てこのスタイルです。つまり、英語で英語を勉強しているのと同じことになるのです。

なんとなくイメージが伝わりますでしょうか?日本の学校で英語を教わると日本語で先生が解説をしてくれますが、海外に留学した場合は授業そのものが英語で行われるため、よりいっそう英語力が強化されます。そういうイメージだと思っていただければと思います。いろんな英語教材を購入してきましたが、よくよく思い返してみるとこういうスタイルの教材は、私が知る限りではありませんでした。斬新ですね。最初は面倒だなと感じたのですが、こういう意図があるのかと思った瞬間が全やる気が沸いてきました。

もちろん、ホンモノの留学とは違って、日本語での解説がついていますので、初心者さんでも十分に対応可能です。もともと初心者向けに作られた教材ですし、そのあたりの心配は必要ないと思います。

では、ここからはセクションごとに簡潔にレビューをしていきます。

(はじめに、終わりに、などは除く)

第1章 語学習得の秘訣「動詞力」

なぜ動詞が重要なのかというようなイントロダクションのセクションです。

第2章 動詞に弱くなってしまう言語!? ~日本人英語の弱点を克服~

1章、2章では英語における動詞の重要性と、日本人がなぜ動詞の使い方に弱いのかなどに言及した上で具体的にどのような対策を講じるべきなのかという点についての記述が続きます。ここで具体的な動詞の使い方などの方法論を中心に展開しているわけではないですが、重要な概念になりますのでしっかりと繰り返し読み進めることをオススメします。

第3章 あなたの人生を変える!強力動詞20選 ~「効く」用法をマスター~

ここがラクラク英語マスター法の肝となっているセクションになります。英語を話す上で重要な動詞20個をピックアップして、その具体的な活用方法について言及しているセクションです。この動詞が何かは、さすがにここに書いてしまうと販売業者からクレームが来てしまうかもしれませんので自重します。どんな使い方が効果的なのかについても、実際に教材を購入してから確認してみてください。

実際に読んでみると、「なるほどね~、確かに重要だわ」とか、「そういう使い方するの!?」「そういう使い方もあったんだね~」などなど、新しい気付きがあると思いますよ。少なくても読んで損するような内容ではないでしょう。

第4章 秘伝 英字新聞徹底活用術 ~上級英語力要請ワークショップ~

第4章は演習問題や実践で使えるかどうかの練習となるワークショップのセクションになります。ここまでで学習したことを生かして、自分の理解がどれだけ深まったか確認してみましょう。理解できていない部分があれば、同じ問題を何度も反復して体に刷り込むくらいの気持ちで学習しましょう。

総括・まとめ

ラクラク英語マスター法は、もうお気づきだとは思いますが、動詞の使い方にフォーカスした教材です。写真は先ほどと同じですが、英文の一部に緑の色がついていると思います。これは動詞です。(全て確認したわけではないですが、恐らく動詞にこの色を付けてると思います。)こうすることで自然に動詞を意識した学習が出来るようになります。それくらい動詞というのは重要なものなのです。

日本語も英語も、「誰が何をした」「何がどうなった」いう部分さえあれば文章というのは成立してしまうのです。

田中君がジュースを飲んだ。
これで文章は成立します。誰が何をしたかすぐにわかります。主語・述語(動詞)・目的語があれば文章の大意は取ることが出来ます。
田中君がこれまでの人生の中で最も美味しそうにジュースを飲んだ。
この「これまでの人生の中で最も美味しそう」という部分は確かに重要ですが、この部分が無くても実は文章というのは成立してしまいます。(意味ではなく、文法的に)しかし、主語の「田中君」や動詞の「飲んだ」がなくなってしまうと文章というのは成立しないんです。これは日本語でも英語でも共通です。

動詞というのは主語などと同様に、絶対に必要な品詞であるにもかかわらず、主語とは異なり流動性・汎用性が高く、いろんな意味で使われたりすることから、使いこなせていない人が多いのが現状です。

それが原因で英会話をマスターしきれていない人がたくさんいるのですが、そこに気がついていない場合がほとんどです。そんな人にこそラクラク英語マスター法は効果的なんだろうなと、管理人は思っております。それくらい動詞は重要だと認識しています。

どうせお金を支払うなら、幅広くいろんな知識やテクニックをカバーした教材が欲しいという人もいるかもしれませんが、何度も言うように動詞というのは非常に重要なので、このくらい深く掘り下げた教材を一つ持っていても良いのではないでしょうか。