英語のリーディング攻略には単語のニュアンスを正確に知ることが重要

リーディング力の向上には、英語の単語の特性を知る必要があります。日本語では訳しきれないようなニュアンスまで知る必要はないのかもしれませんが、そのような知識があればリーディングに役立ちます。たとえば、miss という単語ですが、普通日本語では「ミスする」とかいう意味で理解されていることが多いです。

実際は、もっと幅広く英語では使われていて、「なつかしい」とか「~がいなくて寂しい思いをする」といったような主観的な意味を表すときがあります。洋楽の歌詞でI miss you. といった言葉は見かけることが多いですから、別に珍しい使い方ではないし、日本人にも一般的になっているのかもしれませんが、miss のあとには、人物だけでなく、事物も来られますから、注意が必要です。

他に、share も、「共有する」という意味だけにとどまらずに、何かの行為をみんなでするときには、幅広くこの言葉が使われます。だから、share a pizza は、みんなでピザを食べることになります。相合い傘も share an umbrella となります。

さらには、enjoy という単語も、「楽しむ」だけでなく、なにかを好意的に行う、持っているときには、この単語が、enjoy high technology 「ハイテクを享受する」のように使われます。