段落構成やセンテンスを意識した英語のリーディング

英語のリーディングをする際には、段落構成というものを考えて読むようにしてください。英語の単語一語・一語をかみしめるように読んだり、一つのセンテンスの意味をああでもない、こうでもないと考えることも、難解な英文を正しく理解するためには必要なことですが、TOEICレベルの文章を一定の時間内に速く読もうと思えば、このパラグラフリーディングという読み方が必須のものとなります。

一つの文章で、段落が一つしかないということはまれです。段落を変えずに長い文章を書くのは、読み手のことを無視したマナー違反の文章とも言えます。ですから、複数の段落が結ばれて、長い文章が構成されていると考えれば、その構成をとらえることが可能となります。

まずは、出だしの文章ですが、前置きともいうべきでしょうが、日本語と違って、英語ではいきなりその文章のテーマが提示されることが多いです。その場合はテーマを明示している文はキーセンテンスといって、文章全体の方向性を定めることになるので、文を最後まで読み終わるまで、頭の中に入れておかねばならぬ文ということになります。

パラグラフリーディングという読み方をするさいには、最も重要な文章と言えます。