英語の本を音読してみる

英語の記事や本を読む時、黙読するのが一般的だと思いますが、自宅などでは音読しても良いと思います。音読には、黙読にないメリットが隠されており、じつは「読解力のアップ」にもつながる要素を持っているのです。普通、音読と言えば「発音を鍛えるためのもの」と思われると思います。もちろんそれは正解です。

音読の最大の目的は発音矯正であるため、音読するほどに発音が自然な英語に近付くことになります。しかし、音読に慣れてくると、自然と発音に強弱が付けられるようになって来ます。高く発音する単語を高く発音し、低めに発音する個所を低めに発音するという、いわゆる「英語らしい発音の浮き沈み」が出来るようになってくるのです。

じつは、これが読解力をアップさせるためのポイントなのです。英語は、その文章の中の重要単語を高めに発音する傾向にあります。つまり、音読して高めに発音した個所には、その文章の中で極めて重要な単語が書かれているケースが多いのです。

つまり音読とは、「重要語句を見つける能力」と定義できるのです。さて、皆さんは「スキャニング」という言葉を聞いたことはありませんか?日本語では「飛ばし読み」と訳せますが、長文や論文を出来るだけ早い時間で読み、理解するに非常に重要なスキルです。

スキャニングのポイントは、「各文章の重要単語だけに的を絞って読んでいき、大まかな内容を理解する」という点です。いかがですか?音読練習を重ねると、「強く読むべき個所=重要単語」でしたよね?つまり重要語句の選定を容易に行うことが出来るというわけです。

ついでに発音矯正も出来るようになりますし、音読は英語力アップにとても大切な練習方法であることを覚えておきましょう。