英語(英会話)スピーキング苦手意識を克服して上達するには

リスニングとスピーキングを同時に鍛えて相乗効果を

「日本人が英会話を苦手とする理由は何ですか?」と聞かれることも多いのですが、最も大きな要因の1つとして「聞けないから」というものがあります。相手が何を話しているかを理解することが出来れば、多少ですがコミュニケーションは成立します。一方、「相手が何を言っているか分からない」となれば、それだけで委縮してしまうことになります。

続きを読む

英語表現を短く区切って話してみる

「短文であれば話すことが出来るのですが、長く話し続けることが出来ません。どうすれば、英語ネイティブのように長く話し続けられるでしょうか?」との質問も多いですね。簡単な短文を言うことは出来ても、そこで会話が途切れてしまう人が多いのです。そしてしばらくの沈黙があり(頭の中で次の短文を作り)、次の文章を口に出すのです。

続きを読む

日常的に英語を話す人は上達も早い

「たとえ少しであっても、日常的に英語を話す人は上達が早い」と言われています。たとえば、外国人従業員がいる会社に就職したとして、時々ですがその従業員と話す機会があるとします。

続きを読む

スピーキングの上達が早い人の特徴

スピーキングの練習に関しては、「上達が早い人」と「遅い人」に分かれます。上達が早い人に対しては、「センスがあるのか?」と思ってしまいますし、遅い人の場合、「センスがない…」と落ち込んでしまうでしょう。たしかに、言語習得に関しては一定のセンス(才能)はあると思います。

続きを読む

英会話で困らないように条件反射のフレーズを習得しよう

私たちは日本語ネイティブとして日本語を操りますが、ごく一般的なコミュニケーションの中で、1つ1つのフレーズを頭で構築して会話をしているでしょうか?「今、相手はこのように言って来たな。ならば、その答えとして適切な日本語を作るとなると…」と、いちいち考えて話しているでしょうか?答えは「NO」ですよね?

続きを読む

英語スピーキング教材の選び方

英会話教材は多くありますが、「どれも一緒でしょ」と考えたら大間違いです。基本的なフレーズを覚えることを目的とした教材もあれば、リスニング練習に強い教材もあります。さらに、発音矯正を得意とする教材もあるなど、ご自身の目的に応じて教材選びをするべきなのです。

続きを読む

多読は英作力を上げる最短の近道

スピーキング能力を上げる方法は色々とありますが、「英作能力」もスピーキング能力アップに役立つ重要な要素です。「でも、英作って英語の文章を作る能力でしょ?それって、リーディングやライティングの世界じゃないの?」と思われる方も多いでしょう。

続きを読む

「英作能力」こそスピーキング上達の第一歩

「英会話のスピーキングを鍛えたいのですが」という方も多いですね。たとえ聞くことが出来ても、話すことが出来なければ双方向のコミュニケーションは成り立ちません。では、どうすればスピーキング能力を上げることが出来るのでしょうか?

続きを読む

英会話カフェはスピーキング上達に効果があるのか

「英会話が学べる場所」と言えば、どんな場所が思いつくでしょうか?たいていは「英会話スクール」となるでしょうね。しかし、最近では「オンライン英会話スクール」も人気です。講師が自分の自宅からスカイプなどを使ってレッスンを行うため、店舗を出す必要がなく、そこで浮いた経費をレッスン料金に転嫁しているのです。

続きを読む

イギリス英語のスピーキングを学ぶには・・・

留学や旅行を考えておられる皆さんにとって、「どの国に行くのか?」は重要なファクターですよね?アメリカかもしれませんし、イギリスかもしれません。カナダやオーストラリアかもしれませんし、あるいは英語圏以外の国に行かれるのかもしれませんね。

続きを読む

週に1回、1時間の英会話レッスンを受けた場合・・・

英語ネイティブを話していると、「???」となることも多いでしょう。何を言っているのか聞き取れないのです。英会話においてスピーキング能力は重要ですが、口頭でのコミュニケーションを取る場合、スピーキングだけでは意味がありません。

続きを読む