イギリス英語のスピーキングを学ぶには・・・

留学や旅行を考えておられる皆さんにとって、「どの国に行くのか?」は重要なファクターですよね?アメリカかもしれませんし、イギリスかもしれません。カナダやオーストラリアかもしれませんし、あるいは英語圏以外の国に行かれるのかもしれませんね。

さて、英会話を学んでおられる方の目的は多岐にわたります。「単なる趣味です」という方もおられますし、「英会話が出来れば仕事で有利」もよくある目的でしょう。さらに、「将来的に留学を考えている」という方もおられますね。

その中で、最近にわかに注目を集めているのが「イギリス英語」です。イギリスは、先進国で日本とは友好国でもありますし、このところの欧州危機でポンドの価値が大幅に下がっており、「昔よりはるかに安く行ける」の後押しもあってイギリスに留学や旅行をされる方も多いのです。

ならば、せっかくですからイギリス英語を学んで、現地でのコミュニケーションをスムーズに取りたいところです。しかし、「どうすればイギリス英語のスピーキングを学べますか?」との質問も多いですね。

たしかに、日本国内の英会話スクールではアメリカ人やカナダ人、オーストラリア人の講師が多いですし(オーストラリアはイギリス系の英語ですが…)、「どんぴしゃのイギリス英語(イギリス人講師)」って意外と少ないものです。しかし、イギリス英語のスピーキングに関しては、比較的簡単に学ぶことが出来ると思いますよ。

まず結論から申し上げると、「BBCを観れば良い」ということになります。しかし、「でも、それってリスニング練習では…」と思われる方も多いでしょう。確かに、BBCの視聴は基本的にはリスニング練習になります。

しかし、「聞いた言葉をそのまま真似する(口に出して言う)」を練習に取り入れれば、それだけで「スピーキング練習」に早変わりするのです。英語のテレビな動画のコンテンツとは、「聞くのか?orリピートするのか?」によって「リスニング練習orスピーキング練習」と融通がきく方法なんですね。

さて、イギリス英語は、アメリカ英語と比較して「スタッカートが効いている」と言えば分かりやすいですかね?1つの文章を発音する時でも、「パッ!パッ!」と歯切れよくスタッカートが効いており、もっと分かりやすく言えば、日本語の「っ」が所々に入っているような感じです。

実は、この発音に関しては、日本人にとってアメリカ英語よりも「発音しやすい」のです。日本語でも「っ」は頻繁に使いますので、どこか「なじみやすい」という印象なんですね(人によるでしょうが…)。なので、BBCなどを視聴してリピート練習を繰り返し行うことで、それなりにイギリス英語に近いスピーキング能力を手にすることが可能と言えるでしょう。