英会話カフェはスピーキング上達に効果があるのか

「英会話が学べる場所」と言えば、どんな場所が思いつくでしょうか?たいていは「英会話スクール」となるでしょうね。しかし、最近では「オンライン英会話スクール」も人気です。講師が自分の自宅からスカイプなどを使ってレッスンを行うため、店舗を出す必要がなく、そこで浮いた経費をレッスン料金に転嫁しているのです。

したがって、一般的な英会話スクールに通うよりも格安で授業を受けることが可能なんですね。また、英語ネイティブではないのですが、基本的な英会話能力に問題がないフィリピン人講師によるレッスンも人気でしょう。シッカリとトレーニングを受けたフィリピン人が、フィリピン国内からスカイプなどを使ってレッスンを行うのです。

人件費を大幅に抑えられるため、「えっ!この値段で良いの!?」と驚くほど安いんですよ。さらに、「英会話カフェ」をご存知でしょうか?それほど日本国内に普及しているサービスではありませんが、ここでスピーキング練習を行う方法も有効なのです。

そもそも、スピーキングの上達には「2段階」あります。1段階目で「学び」、2段階目で「実践する」という流れですね。たとえば、ある単語を新しく覚えたとしても、それを英会話として使うための練習がなければ「知識のまま」で終わってしまいます。

したがって、実際に口に出す練習を行い、「知識→スキル」にしてこそ、初めて「英会話能力」と定義することが出来るんですよ。しかし、一般的な英会話スクールで「学ぶ&実践」の両方をすることは賢明な選択肢ではありません。別に構わないのですが、大きな資金が必要になってきますよね?

しかも、2段階目は「学ぶ」ではなく「実践」なのです。教えてくれる先生は必要ありません。通じるかどうかの「実験相手」で十分なんですね。だからこそ、「英会話カフェ」に注目が集まっているのです。

英会話カフェとは、1つのテーブルに英語ネイティブが座っており、そこに数人の日本人が集まって「英会話を楽しむ場所」なのです。多少のことは教えてくれますが、英会話スクールのように「がっつりとレッスンをする」という場所ではありません。「もっと緩い場所」と考えておきましょう。

しかし、実験相手としては申し分ありません。たとえ講師としての専門的なトレーニングを受けていないとしても、「通じるor通じない」の実験がしたいだけなので、英会話スクールよりもはるかに料金が安い英会話カフェの方がお得なんですね。

前述の通り、それほど普及しているサービスではないため、都市部以外で英会話カフェを見つけるのは難しいかもしれません。しかし、お住まいの地域や職場の近くにある場合は、「英会話スクールで学び、英会話カフェで実践する」という2段階によるスピーキング練習を心がけておきましょう。