「英作能力」こそスピーキング上達の第一歩

「英会話のスピーキングを鍛えたいのですが」という方も多いですね。たとえ聞くことが出来ても、話すことが出来なければ双方向のコミュニケーションは成り立ちません。では、どうすればスピーキング能力を上げることが出来るのでしょうか?

まず、絶対にオススメ出来ない方法が、「闇雲に英会話スクールだけに任せる」という手法です。皆さんの中にも、「英会話スクールに通えば伸びる」と思っておられる方がいるかもしれませんが、その考えでは決して英会話が伸びることはないでしょう。

英会話スクールは、全くの初心者にとっては「英会話を学ぶ場所」になると思います。しかし、少しでも話せる人にとっては、「覚えたことを実戦練習する場所」になるんですよ。つまり、いつまでもスクールに上達を任せているようでは、決して伸びることがないと思って下さい。

どれほど優れた講師であっても、あるいは優れたマニュアルや教材を提供しているスクールであっても、生徒が「スクール任せ」にしている状態では「どうしようもない…」と言わざるを得ないんですよ。そこで、「英作能力」を鍛えてはいかがでしょうか?

そもそもスピーキングとは、文章を音として口から発することになります。しかし、口から発する前には「何を発するのか?」を頭の中で用意しておく必要がありますよね?私たちは日本語ネイティブであるため、日本語を話す時は「頭の中での組み立て」と「音として口から発する」を「ほぼ同時進行」で行うことが出来ます。

しかし、英語ネイティブではないため、「組み立て+口から発する」の間に多少の「タイムラグ」が出てしまうのです。つまり、頭で考えている間は「沈黙」が流れることになり、これがコミュニケーションを阻害する大きな要因となってしまいます。

つまり、「頭の中で文章を組み立てる」という作業をより迅速に行うことが出来れば、口から発するまでのタイムラグを短縮することが可能となり、コミュニケーションの阻害となる沈黙を抑えることが可能になってくる仕組みですね。では、どうすれば頭の中での組み立てを迅速に行うことが出来るのでしょうか?

それこそ、「英作能力」なのです。文法力や単語力を鍛えれば、当然、頭の中での組み立て作業がスピードアップします。ここのスピードが上がれば、前述のようにタイムラグを短縮することが可能となり、あとはゆっくりでも良いので口から音として発するだけです。

口から発する作業はゆっくりでも良いんですよ。大切なのは「沈黙を作らない」であり、「ゆっくり話すこと」は問題ではありません。英作能力は、何となく「リーディングやライティングの世界のもの」というイメージがありますが、実はスピーキングにも大きく役立つ能力であることを覚えてください。