日常的に英語を話す人は上達も早い

「たとえ少しであっても、日常的に英語を話す人は上達が早い」と言われています。たとえば、外国人従業員がいる会社に就職したとして、時々ですがその従業員と話す機会があるとします。

しかし、それまでは英会話の練習を全くしてこなかったため、何とかコミュニケーションはとれるものの、「英会話をしている」というレベルではないとします。しかし、これでも十分に「上達が早くなる要素」が与えられることになるんですよ。その秘密を解説していきましょう。

「全く英語を話す機会がない人」の場合、「何を言いたいのか?」や「何を知るべきなのか?」を知ることが難しくなってしまいます。つまり、「自分が勉強するべきこと」が見えてこないんですね。

一方、僅かでも英語を話す機会を持っている人というのは、「これを話すべき」や「この部分の単語力が足りない」と実感することが多いため、「今、自分は何を勉強するべきなのか?」が見えやすいと言えるのです。

さらに、「勉強すべきこと」を理解している人というのは、「分からなかった単語を、帰宅後に調べる」という作業も継続的に行っているでしょう。したがって徐々にではありますが、本格的に練習することなく、単語力や会話能力が上達することになります。これは大きいですね。

「何を勉強するべきか?」を理解していない場合、スクールや教材が用意してくれた内容に頼り切ることになります。しかし、スクールのカリキュラムや教材の内容は、「万人に共通しやすいこと」に周囲することが多いんですよ。

一方、「あなたの英会話の練習」に関しては、「あなたが勉強するべきこと」に集中すべきです。つまり、「オーダーメイド的なカリキュラム」が、個人個人に合わせた最高のカリキュラムとなると言えるでしょう。

皆さんの中には、「ほんの少しの会話のチャンスなんか、練習の足しにもならない」と思われる方も多いと思います。その考え方は、「練習量不足」という意味では正しい理論だと思います。しかし、「何を勉強するべきか?」に対する理解は、間接的ではありますが英会話上達の役に立つんですよ。と、ここで「でも、私には一切の英語を話す機会がないのですが…」という方もおられますよね?その場合はリスニングでも構いません。

要するに、大切なのは「分からない点を理解し、それを勉強する」ということなのです。「話す」というスピーキングだけでなく、リスニングでも「理解できていない点を知る」は可能と言えますから。1つ1つの「ハテナ」の解決の構築こそ、継続的な学習として効率的であり、その最終ゴールには「十分な英会話能力」があると考えておきましょう。