TOEICモノローグ問題対策

TOEICの点数を上げるためには、リスニングパートの点数アップを目ざしましょう。リスンング力の向上のためには、それなりの対策が必要です。たとえば、Part4は、モノローグの問題で、一人の人が、何かについて話します。

その後、それに関連した質問が出されますから、それについて、正しい答えを選ぶようになっています。こういった問題の場合は、メモを取るということが、有効なのですが、残念ながら、TOEICにおいては、メモを取ることは禁止となっています。

TOEIC主催者側によると、実際の会話に近い状況でテストを行いたいためとのことです。確かに、店などの会話でメモを取るような道具も近くにはないということは、普通の状況としてありそうです。その場合、質問を見ながら聞くという方法が有効となってきます。メモは禁止ですが、質問を先取りしてみるのは自由だからです。

たとえば、For those who need to get to major hotels in Manhattan, you have several options. 「マンハッタンの主要ホテルに行く必要のある人は、いくつかの選択肢があります」というアナウンスがなされたとしたら、まずは質問を見てください。交通手段に関連する質問のはずです。それがわかれば、後は順番通りに交通手段を頭の整理して、解答してください。