TOEICのマークシートには傾向がある!?

toeicの解答傾向というものはあるのでしょうか。toeicの解答用紙に、マークをして行くと、沢山の解答がそれぞれ関連を持っているような気がしてきて、たとえば、(D)が二回続いたら、(A)に次はなるとか、マークシートの傾向というものを調べたくなる人がいます。

こういう人は、英語本来の内容には関連なく、正解を得ようとする人ですから、英語の勉強には関係ないことをしていることになります。また、そのようなことをいくらしても、無駄という結論に行き着かなければなりません。というのは、toeicを作成しているETSという組織は、統計学の手法を使って、解答に一定のばらつきを与えるようにしているからなのです。

乱数表というものが統計や数学で使われることがありますが、これは完全にでたらめな数字を発生させて、人為的な傾向をなくそうとしているものです。これと同じくtoeicの解答にも、ばらつきが出るように、自動的になっているので、そこに人為的傾向を見いだそうとしても無駄なのです。

toeicのマークシートに何らかの傾向を客観的に読み取るのは無理なので、英語の勉強をしたほうが、効率的で、より高得点を期待できるということになります。