TOEICスコアと就職の関係

toeicスコアと就職の関係は、どのようなものでしょうか。もちろん、求職する分野次第で、求められる英語の能力も変わってくるので、一概には言えませんが、一応toeic運営委員会のコメントに従えば、ランクで分けて、A、B、Cまでが就職に肯定的な影響を及ぼすと考えていいのではないでしょうか。

Cランクは、限定的な状況下でのコミュニケーションが英語で可能であって、業務上のこともある程度までは英語で行えるレベルであるとなっています。学生であって、これから仕事を探そうという人は、まずは、450点を目ざしましょう。ただし、Cランクに到達するためには、もうちょっと得点が必要ですから、最初の目標に達したら、次は500点、600点、700点をめざすべきです。

私の経験では、業務で使える英語ができるようになるには、700点をなんとか確保すべきだと思います。650点でも新規に入社する人は、入社してからランクアップを目ざせばよいと就職関係者が考えてくれれば、通用するかもしれませんが、英語が日常的に使われる職場では全く役に立たないと考えてください。

当然のことながら、英語のインストラクターを目指す人は、900点を目ざすべきです。