TOEICスコアで転職はどれだけ有利に働くのか

転職をする際に、toeicのハイスコアを利用しようとする人がいます。転職をしようとする人は、よりよい条件で働こうとする人ですから、自分の能力をアピールするのは当然で、その際には英語の能力は大きな武器になることは間違いありません。では一体どのくらい有利に働くのでしょうか。

まずは、常に英語を使う事が要求されるような国際的な職場では、高い英語のコミュニケーション能力が必要です。スコアでいえば、700点は必要ということでしょう。でも、それだけでは十分とは言えません。というのは、toeicのスコアはあくまでも、試験の上での英語の能力を示すものですから、実際のコミュニケーション能力とは異なるものです。

実際に、800点ぐらいの点を持つ人でも、しゃべれない人は多くいます。そうかと思えば、toeicを受けたことなくても、コミュニケーションに問題ない人もいます。

本当は、リスニングとリーディング能力を測る通常のtoeicに加えて、スピーキングの能力を測る試験が別に用意されていて、それを受験して、履歴書に書けばいいのですが、あまり世間には認知されていないので、一応700点を目安に履歴書に書けば、ある程度は転職に有利と言えるのではないでしょうか。