TOEIC Part1 写真描写問題の傾向と対策

toeicは、全部で7つのパートからなります。最初の四つ、つまりpart1, part2, part3, part4までが、リスニングの試験です。Part1は、写真を見て、その写真を正しく表している文を選ぶという問題です。

当然のことですが、解答用紙には、選択肢は、書いてありませんので、すべては耳で聞き取ることで選びます。問題数は10問であって、そう多くはないのですが、写真の種類によっていくつかの勉強法が存在します。

写真を見る際には、まずは人物が写っているかどうかを確かめてください。次に人物の場合は、何人が写っているかを見てください。

一人ならばその人が何をしようとしているか、あるいは何をし終わったのかを考えてください。

たとえば、ゴルフ場で、スイングを終わった状態の人ならば、その説明文として、He has just made a tee shot. 「男の人がティーショットを打ち終わった」というのが正解ということになります。

そのほかの選択肢は、たとえば、He has 5 miles to go in a long-distance running race.「男の人は長距離ランニングレースであと5マイル走ることになっている」とか They are all field players. 「みんなフィールドプレーヤーです」というようなもので、明らかにゴルフとは関係ありません。

リスニングとしては、ゴルフに関係のない単語、running raceとか、field player を聞き取った時点で、選択肢から外すことができます。このように、Part1では、消去法で選んでいっても正しいものが選べます。