TOEIC Part5 短文穴埋め問題の傾向と対策

toeicは、全部で7つのパートからなります。最後の三つ、つまりpart5, part6, part7までが、リーディングの試験です。Part5は、一つの文章に空所があって、そこに正しい言葉を選択肢から選んで入れるという問題です。

問題数は、40問とかなり多く、重要な部門と言えるでしょう。ポイントとなるのは、文法知識や熟語や語法の問題が多く出されて、それぞれに考え方があると言うことです。まずは文法問題では、空所の部分とその前後の部分の文法的関係が重要です。

the book — I read yesterday 「昨日私が読んだ本」のように、関係節の先行詞があって、その後に関係節が続いている場合は、適切な関係詞は、関係代名詞のwhich であるとわかります。熟語の問題の場合は、put や make などの基本的な動詞に、前置詞などを加えて、熟語が構成されていることを覚えておくと役に立ちます。

語法の場合はある単語の使い方を問われるものですから、日頃からその単語の使い方にはどのようなものがあるかを研究しておく必要があります。

たとえば、subscribe 「(雑誌などを)購読する」という動詞は、「~を購読する」というように、雑誌名が後に続く場合は前置詞のto が使われます。このようなことを覚えておけば、この部門で高得点が狙えます。時間配分としては15分を目安にしてください。