英語教材活用に関するコラム

スコット・ペリー氏が推奨するリスニング練習法とは?

英語教育の世界で仕事をしている人なら、スコット・ペリー氏を知っているかもしれませんね。発音矯正のスペシャリストであり、特に日本語の発音と英語の発音の違いを詳しく研究されており、日本人の「発音ネイティブ化」に20年以上も尽力されている方です。前述の通り、スコット氏は「発音矯正」のプロです。

続きを読む

英語のオススメ勉強法を知りたい

英語や英会話に関しては、様々な勉強法や練習法が存在しています。方法が多くあるのは良いことですよ。数多くある方法の中から、自分にピッタリなものを見つけられますし、選べる選択肢が多いのは悪いことではありません。しかし、「多くある」こと自体がデメリットになるケースもあります。

続きを読む

最大限の集中力で英会話を練習しよう

どんな勉強や仕事でも同じですが、「集中力」は前に進むために欠かすことのできない要素です。同じ量の勉強や仕事であっても、集中力が上がっている時と下がっている時では、効率性に大きな違いが出てくるんですね。

続きを読む

英会話の上達は「絞り込み」が重要

皆さんの目の前に、アメリカ人が1人いると想像して下さい。日本語を熱心に勉強しているアメリカ人であり、かなりの努力家でもあります。そんなアメリカ人があなたにこう言いました。「私は日本語を完璧にマスターしたいのです。

続きを読む

英会話学習の「下準備」を整えよう

英会話のみならず、どんな勉強でも同じだと思いますが、「下準備を整える」は重要なことだと思います。たとえば、勉強をしようにも文房具がなければ話になりません。教材がなければ何を勉強して良いのか分かりません。あるいは、「効果的な勉強方法」を知らなければ勉強しても上達は望めません。

続きを読む

英語の発音矯正の教材について

発音矯正、多くの日本人が悩む分野でもありますね。基本的には発音矯正は後回しでも良いのですが、ある程度の英会話能力が備わってきたのであれば、やはりネイティブの発音を身につけておきたいものです。

続きを読む

「英語力なぜ伸びないのか・・・?」に悩む人へ

英会話を勉強していても、全く成果を感じられないこともありますよね?「スクールに長年通っているけれど、上達した実感がない」や「ネイティブ講師に付いて勉強しているけど、結局は話せないままになっている…」などに悩む方も多いのです。

続きを読む

英会話の理解に負荷をかける方法とは?

最近、こんな英語教材を耳にしませんか?「通常よりも早く再生して音声を流し、脳に負荷をかけることによってリスニング能力を鍛える」という教材です。つまり、「英語脳の筋肉トレーニング」をしているような感じですね。

続きを読む

DVDで英会話レッスンを受けてみよう

英会話スクールでは、日々レッスンが行われています。生徒がイスに座って講師の話を聞き、実際に会話をロールプレイングしていくんですね。もちろん、この方法にはそれなりの価値はあるでしょう。続けるほどに上達すると思いますし、資金に余裕があるのならレッスンの回数を増やしても良いかもしれません。

続きを読む

英会話に必要な最低限のフレーズを覚えよう

「英会話を始めたいのですが、一から文法や単語の勉強をするのは嫌です…」という方も多いですね。熱血漢の指導者からすれば、「甘えたことを言うんじゃない!」と怒ってきそうですが、私は個人的に「それなら別の方法で良いのでは?」と考えています。

続きを読む

初心者向けの英語教材を購入しよう

「英会話を学びたいけど、スクールに通う資金的な余裕はない」という方も多いですね。また、スクール通いを躊躇(ちゅうちょ)される方の中には、「全くと言っていいほどの初心者なので、なんだか恥ずかしい」という方が多いんですよ。

続きを読む

リスニングコンテンツが多い英語教材の活用法

英語教材は数多くありますが、それぞれの教材にはそれぞれのメリットや特徴が存在しています。賢い学習者は、その教材が持つメリットを100%利用しているのです。これならお金を払った分以上の価値がありますし、その教材で学べるところを余すことなく吸収しているんですね。

続きを読む

複数の英語教材を購入するべきか?

現在、世の中には数多くの「英語教材」が存在しています。英会話という、習得するに非常に根気のいるスキルを身に付けるため、自宅・独学で練習できるように工夫された教材は人気を集めているのです。その一方で、「英会話は人と話すことが重要でしょ?自宅・独学でも習得できるのですか?」という疑問はありますが、確かにペラペラになる保証はどこにもありません。

続きを読む