初心者向けの英語教材を購入しよう

「英会話を学びたいけど、スクールに通う資金的な余裕はない」という方も多いですね。また、スクール通いを躊躇(ちゅうちょ)される方の中には、「全くと言っていいほどの初心者なので、なんだか恥ずかしい」という方が多いんですよ。

つまり、「中学校と高校で何を勉強してきたんですか?」と、疑われるのが嫌な人たちなのです。もちろん実際のスクールの場で、そのような目で初心者を見るスタッフや講師はいません。安心して任せれば良いと思うのですが、気持ちは理解できますね。

「何となく恥ずかしい…」は、ある意味で日本人らしい「謙虚さ」でもありますから。さて、その場合は初心者向けの英語教材を活用してはいかがでしょうか?世の中には数多くの英会話習得を目的とした教材が販売されていますが、その中でも特に初心者に特化したものを選ぶのです。

初心者向けで人気の教材では「リスニングパワー」などが有名ですが、具体的に初心者に与えられるメリットとは何でしょうか?第一に、「ごく基本的な単語の発音を聞きとれる」は有難いメリットでしょう。全くの初心者の場合、いきなり文章のリスニングから入るのは危険です。

すぐに拒否反応が出るでしょうし、「これは私には無理だ…」と、三日坊主になる可能性が極めて高いのです。そのため、「単語だけ」や「ごく短いフレーズだけ」のリスニングコンテンツを収録している教材が望ましいのです。

一方、上記で紹介したリスニングパワーは、実際に私も手にとって実践したことがあるのですが、なかなか面白い工夫が施されていました。時々、「機械音」のようなものが含まれているのです。最初は「んっ?不良品なのか…?」と思ってしまいましたが、これにはちゃんとした理由があるんですね。

日本語と英語は、両方ともに「音」であることに違いはありません。しかし、基本となり得る「周波数」が異なる言語でもあるんですよ。なので、ちょっとでも雑音が入ると英語が聞き取りにくくなってしまうのです。

それを克服するために、あえて「機械音」をリスニングの所々に挟み込んでおり、「雑音の中でもリスニングが出来るようにトレーニングをする」となっています。この工夫は素晴らしいと思いましたね。英会話初心者の場合、上記のように「単語だけ」や「ごく短いフレーズだけ」のリスニングから始めるべきです。

しかし、異なる周波数のトレーニングに関しては、「初心者のうちにやっておいた方が良い」と言えるんですよ。いわゆる「正しいフォームを身に付けるのがピッチャーへの最初の一歩」と言われるように、「正しい周波数の認識が出来るのが最初の一歩」でもあるためです。

価格も安いですし、全くの英会話初心者の方にはオススメ出来る教材と言えるでしょう。