DVDで英会話レッスンを受けてみよう

英会話スクールでは、日々レッスンが行われています。生徒がイスに座って講師の話を聞き、実際に会話をロールプレイングしていくんですね。もちろん、この方法にはそれなりの価値はあるでしょう。続けるほどに上達すると思いますし、資金に余裕があるのならレッスンの回数を増やしても良いかもしれません。

しかし、英会話スクールで行われているようなレッスンを、自宅で出来るとしたらどうでしょうか?いちいちスクールに通う手間も省けますし、「急な残業や会議でレッスンを当日キャンセル→参加していないレッスンの授業料を支払う」という、悔しい状況も防ぐことが出来ます。

もちろん、好きな時間に好きなだけレッスンを受けることが出来るという環境、これは多くの社会人の方にとって有効な方法ですね。英語教材は多く存在していますが、「スクールでのレッスンを自宅で」をコンセプトにしている教材も多くあります。

「ネイティブイングリッシュ」などが人気教材として注目されていますが、具体的にどのような内容になっているのでしょうか?実際に私も手に取ったことがありますので、その仕組みとメリット、さらには「こんな人に向いている」について考えたいと思います。まず、ネイティブイングリッシュではDVD教材が含まれています。

英語の文法や基本的な会話などを収録した内容になっているのですが、面白いのは「文法解説をネイティブがやっている」という点です。普通、英文法などの理論的な解説に関しては、日本人講師の方が圧倒的に有利なのです。

同じ日本人であるため、「このように噛み砕いて伝えれば、生徒さんはスムーズに理解できる」と、理解のプロセスを共有しているんですね。この恩恵のおかげで英文法のレッスンは日本人講師に軍配が上がるのですが、「どうせなら、リスニング練習をしながら英文法を勉強しよう」が取り入れられたのがネイティブイングリッシュなのです。

つまり、英語ネイティブ講師の説明を聞き、リスニング練習と英文法の勉強を同時進行で行っているということになります。英文法の理解度は日本人講師に及ばないながらも、そもそもこの教材の目的は「英会話を習得する」なんですね。「英文法を理解する」ではありません。

したがって、解説が日本人講師に及ばないことは大きなデメリットとは言えないでしょう。もちろん、ネイティブ講師もゆっくりと話してくれますし、重要な部分に関しては「字幕」が出ます。「理解するべき所はシッカリ押さえる」は守られているので安心して良いと思いますよ。

なお、DVDレッスンであるため、通勤時間を活用するのは難しそうですね。音声だけのCDも収録されているため、それを利用することは可能ですが、さすがに通勤の電車やバスの中で小型DVDプレイヤーを再生するのは面倒ですよね?

したがって、自宅でユックリと勉強時間の取れる方や、「職場で、勉強目的ならDVD再生はOK!」という環境をお持ちの方にオススメ出来ると思います。