英語のオススメ勉強法を知りたい

英語や英会話に関しては、様々な勉強法や練習法が存在しています。方法が多くあるのは良いことですよ。数多くある方法の中から、自分にピッタリなものを見つけられますし、選べる選択肢が多いのは悪いことではありません。しかし、「多くある」こと自体がデメリットになるケースもあります。

「方法が多すぎて、どれにすべきか迷ってしまう…」というデメリットですね。決断力が強い人であれば、「ええい!とりあえずこの方法でチャレンジだ!」となるでしょうが、そのように簡単に決断できない人が多いのも事実です。そこで、「いらない駅前留学」という教材を紹介してみましょう。かなりインパクトのあるネーミングですね。

特定の英会話スクールに喧嘩を売っているような印象も受けます(笑)。今の時代、英会話教材はDVDやCDが付属して当然です。しかし、「いらない駅前留学」は冊子だけの教材なんですよ。というのも、この教材の目的は「英語の学習法」に特化しているのです。珍しいですね。

普通は「英語や英会話の上達」を目的とした教材が人気なのですが、あえて「勉強法の紹介と解説」に特化しているのです。したがって、この教材を手にしても英会話能力がアップすることはありません。英会話能力のアップを最重要課題に教材選びをする方にとっては、オススメできる教材ではないと言えるでしょう。

しかし、英語のみならずどんな勉強でも同じですが、「上達のための方法論に悩む」という方は非常に多いのです。特に独学の場合はそうですね。目の前に講師がいるのであれば、「どのような方法で上達を成功させるか?」を自由に相談できますし、その人に応じた方法の確立を講師が手伝ってくれることでしょう。

しかし、そのようなサポートを持たない独学者であれば、方法論の悩みは勉強に「つき物」なのです。また、その悩みが拡大すると、今度は「上達スピードが遅れる、あるいは止まる」という、非常に大きなデメリットが出てしまいます。

上達が止まったのであれば、違う方法で壁を超える道を模索するべきなのですが、その方法が分からないために「ずっと壁の前で立ち尽くす」ということになってしまうんですよ。結果、「上達しない→挫折する」に陥る人が増えてしまうのです。

上記で紹介した「いらない駅前留学」は、そのデメリットを解消するに大きく役立つと考えられます。「方法を知るためだけに15000円以上ものお金を出すのか!?」と、疑問に思われる方も多いでしょう。しかし、方法論を確立する重要性はここで述べた通りです。ぜひ、確実な方法論を知り、「立ち止まらない上達」を目指して下さいね。