英語ライティングのスキルを向上させる為に

英語の「単語ゲーム」を利用しよう

「英語のボキャブラリー(単語力)を鍛えるにはどうすれば良いですか?」と悩まれる方も多いと思います。単語力に関しては、長い期間で物事を考える必要があります。「覚えては忘れ、また覚えては忘れ…」を繰り返すことで、少しずつ脳に定着していくのです。

続きを読む

英語の論文の書き方

海外の大学等に留学する場合、英語の論文を書くことも多いと思います。しかし、一体どのように論文の全体を構成すれば良いのでしょうか?英語の論文の場合、まずはテーマを最初に書く必要があります。これは日本語でも同じですね。「この論文は、○○における考察をまとめたものである」という感じです。

続きを読む

英語で作文や日記を書いてみよう

英語には4つのセクションがあります。リーディング、ライティング、スピーキング、そしてリスニングですね。この4つのセクションをバランスよく鍛えてこそ、本当の英語力アップと言えるのですが、日本人の多くがライティングを苦手にしているのも事実です。

続きを読む

英語の論文は3段階でまとめる

大学の授業や仕事においても、「英語の論文を書く」ということも珍しくありません。特に、「社内の公用語を英語にする」という企業も増えており、「英語での論文書き」も勉強しなければいけない時代になりました。そこで、英語の論文として自然に見える方法を紹介したいと思います。

続きを読む

起承転結を意識した英語のライティング

ライティング力の強化とともに考えないといけないのは、英語の発想力と、起承転結です。英語の文章は理路整然としていて、筋立てがしっかりしています。定型を覚え、そして起承転結さえあれば、文章としてなりたっていきます。

続きを読む

日記習慣をつけて英語のライティングスキル向上を図る

ライティング力を強化するには、どんなに小さなことでもいいので、毎日、または決まった曜日に英語で日記を付けると良いと言われています。だれもみることのない英語日記は適当になってしまいそうです。もしブログなどで公表する場合は、間違いを正して掲載するでしょうから、それだけで英語力、ライティング力がつきます。

続きを読む

英語で自分の意見・主張が出来るライティングスキルをつけよう

ライティング力の向上は、比較的日本人には容易です。スペリングや文法を叩き込まれている事が多いので、キレイな文章、とくにミススペルや文法の間違いなく文章を綴ることができます。また、試験勉強で必要とされる丸暗記が、ライティングのときにも遺憾なく発揮されるのでライティングをするのは容易です。

続きを読む

英語の時制を意識したライティング

英語のライテイングをうまくしようと思う人は、時制に気をつける必要があります。日本語では、過去形と呼ばれる、「~した」という形が、英語の時制から見た場合、幅広く使われる傾向があります。たとえば、「(お母さん)おなかがすいた」と言った場合、「すいた」の部分は単純に過去を表しているのではありません。

続きを読む

会話の状況を考慮した英語のライティング

会話の場所や状況は、効果的にライテイング力をする際には重要な役割を果たします。たとえば、相手の所に向かって行く場合は、I will come to you. となります。つい、go と言ってしまいたくなりますが、それでは相手に向かっていくのではなくて、どこか他の所に行くことになってしまいます。

続きを読む

英語の否定文の特性を意識したライティング

ライテイング力の向上には、英語の否定文の特性に気をつける必要があります。単に否定の言葉を使えば曖昧に文を否定できる日本語と違って、否定の仕方に厳密な区別をしているのが英語であることを忘れてはなりません。

続きを読む

英語のライティングの際には単数と複数の区別をしよう

ライテイング力の向上には、可算名詞の単数・複数の区別をしながら、ライテイングをしてゆく必要があります。日本語で考えるときは、単数・複数の区別をしませんが、たとえば、車という言葉を思い浮かべたら、英語の場合でならば、a car か cars か、the car か the cars か some cars かなどと、使う状況によって、car にもいろいろな形があることがわかります。

続きを読む

英語の主語・動詞・目的語などを意識したライティング

ライテイング力の向上には、主語を日本語と違ったものを使うという技が必要になってくるときがあります。日本語と英語は主語の位置は動詞の前に置かれるという点では一致していますが、目的語は日本語では動詞の前に置かれるのに対して、英語では動詞の後に置かれます。

続きを読む