英語の文法構造を理解してライティング力を向上させよう

ライテイング力の向上には、日本語の発想から離れて、英語を書くことが必要です。これは、英語は日本語とは根本的に構造が異なっていることから来ています。

よく知られているように、語順は、日本語は主語+目的語+動詞なのに対し、英語は主語+動詞+目的語となっています。でも、このように基本的な語順だけでなく、日本語は主語のかわりに、主題といわれるフレーズが文の最初に来ることが多いです。

たとえば、私が中村だ。という文は、I am Nakamura. ですが、(マクドナルドで、君がチーズバーガーを注文するのなら、)僕はビッグマックだ。という文は、I am a Big Mac. では、正しい英語になりません。

僕の注文を話題にするという機能を持つフレーズが、「僕は」という言葉ですが、このような言い方は、英語には通常は存在しないのです。どうしても、「僕」を話題の中心に起きたいときの言葉は、as for myself 「僕自身としては」となりますが、通常は、このような言い方はしません。

このように主題を明らかにするような日本語の「は」という単語の機能が、英語に影響を及ぼして、正しい英語が作れなくなっているので、ライテイングをする際にはこのようなことに注意をしなければなりません。