英語のライティングの際には単数と複数の区別をしよう

ライテイング力の向上には、可算名詞の単数・複数の区別をしながら、ライテイングをしてゆく必要があります。日本語で考えるときは、単数・複数の区別をしませんが、たとえば、車という言葉を思い浮かべたら、英語の場合でならば、a car か cars か、the car か the cars か some cars かなどと、使う状況によって、car にもいろいろな形があることがわかります。

「車が事故を起こした」という日本語では、car のどのような形を使えばよいかは、わからないかもしれませんが、道路を往来している沢山の車のうちのある一台の車となれば、a car という形がふさわしいことになります。

もちろん、複数の車が事故に関係していれば、cars となりますが、今は「ある一台の車が何かに衝突するという事故を起こした」と考えれば、a car がふさわしい形です。そして、さらにその車について述べようと思うと、事故を起こしたある特定の車ということに、話が進ましたから、次にその車がライテイングに出てくるときは、the car がふさわしいことになります。

そしてその車が別のある車にぶつかったというような場合は、別のある車は再び a car もしも複数の車が関係していれば some cars となります。このように、状況によって可算名詞の形を変えることが、ライテイングの向上につながります。