英語で自分の意見・主張が出来るライティングスキルをつけよう

ライティング力の向上は、比較的日本人には容易です。スペリングや文法を叩き込まれている事が多いので、キレイな文章、とくにミススペルや文法の間違いなく文章を綴ることができます。また、試験勉強で必要とされる丸暗記が、ライティングのときにも遺憾なく発揮されるのでライティングをするのは容易です。

しかし、定型分で対処できる場合はいいのですが、自分の意見やオリジナルな見解を述べるとなると一転、どのような表現がベストなのか悩み、1文も書けなくなってしまうことがあるでしょう。

自分で文章を組み立てる事が難しく、ついインターネットなどで便利な文例集を探してしまうでしょう。でも勉強法としてはそれは悪くありません。英語の文章だって、学術論文やプレスリリースのように特徴のある文章を書く必要があるときは少ないし、またその構造や書き方にも定型があります。

そうした基本の部分の調査やより多くのライティングモデルに目を通すことにより、自分の文章の肉付けとすることができます。完全コピーは駄目ですが、形式やちょっと洒落た表現などを他から拝借して文章にメリハリを付けるコツなどがわかります。文例集をよく読むことはオリジナルライティングをする時に非常に参考になります。

当サイト人気NO.1英語教材