日記習慣をつけて英語のライティングスキル向上を図る

ライティング力を強化するには、どんなに小さなことでもいいので、毎日、または決まった曜日に英語で日記を付けると良いと言われています。だれもみることのない英語日記は適当になってしまいそうです。もしブログなどで公表する場合は、間違いを正して掲載するでしょうから、それだけで英語力、ライティング力がつきます。

この場合のbe動詞は、過去形は、前置詞はなんだっけ、なんて思い出しているうちに、使い方をしっかり覚えていくでしょう。文章として自然になるには時間がかかりますが、まずは基本をしっかり押さえておくこと、そうすればライティングの際のケアレスミスはふせげます。そしてスペリングに関していえば、実はネイティブでも間違える事が多いので、そう神経質になることもありません。

ネイティブでは単純にタイピングのミスもありますが、それ以外にも短縮系やスラングなどを使うので、実際内容がよくわからないこともあります。

若い人達のなかにはそうした文章がカッコいいと思ってまねする事もあるでしょうが、面識の無い人に対してはたとえメールでも止めておきましょう。言葉なら消えますが文章だと残ってしまいますので、後で消そうと思っても、消せないことは書かないほうがいいでしょう。

当サイト人気NO.1英語教材